BreathTake/ホームページ作成の小技・PHPの小技篇

*
ホームページ作成の小技タイトル・PHPの小技篇・イメージ写真
分岐と繰り返し

処理の分岐

IFによる分岐

    論理型(boolean)の分岐例
    $i = true;
    $j = false;
        if ( $i ) {
           真の時の処理;
        }
       if ( !$j ) {
           真の時の処理;
        }
    @( !$j )の「!」は否定を表します
    A0 , "0" , "" , null …も、falseとして扱われます

SWITCHによる分岐

    switch( $変数 式) {
       case 値01の時 ;
            処理01;
            break;
       case 値02の時 ;
            処理02;
            break;
       case 値03の時 ;
            処理031;
            break;
       default ; //規定値
            処理1;
     }

処理の繰り返し

FORによる処理の繰り返し

    for ( $i = 1; $i <= 5 ; $i ++) {
       処 理
       break;
     }

WHILEによる処理の繰り返し

    while ($i <= 5 ) {
      処 理
      $i++;
      break;
    }

その他

データが入力されたかどうかをチェック

    ■入力されたデータの長さで判断 : strien();
    ■入力されたデータが、nullか0の時にTrue : strien();
    ■入力されたデータ長が、nullでもTrue : is_null();
    ■入力されたデータ長が、nullでもTrue : isset();
Copyright © 2011 BreathTake All Rights Reserved